0 1分 10か月

12月14日夜に発生した大規模な障害の原因などを報告するレポートを公開。

 同社広報によれば、障害は14日20時45分~21時35分の約45分間に発生。

 原因として「内部ストレージのクォータの問題」とされており、同社の中央ID管理システムの容量が減少したため。ストレージの容量減少がエラーを招き、「ユーザーのログインを必要とするサービスでは、この間に高いエラー率が発生した」。

 Gmail、カレンダー、Meet、ドキュメンドなどは全てのユーザーに対してエラーを返す状況だった。また認証を必要とする全てのサービスに対してもエラーが発生していた。

今回のエラーで、様々な影響が出て、レポートの提出が出来ないなどのツイートもかなり上がっていたと言う事もあり、Googleの不具合によって世界で大きな影響が出る事が明らかになった一つの事件として記録に残りそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です