記事の詳細

 NTTドコモは18日、高速・大容量通信規格「5G」向けの大容量の料金プランを、来年4月から1000円値下げし、税抜き月額6650円にすると発表した。月間データ容量も現行の100ギガ・バイト(GB)からテザリングも含めて無制限に変更する。

ドコモは現在の主流規格「4G」の大容量プランも来年4月から、データ容量を拡大した上で値下げする。従来は、30GBで税抜き月額7150円だったが、60GBで月額6550円とする。大容量プランの契約者を対象に、データ利用量が少なかった月は料金を自動的に割り引くサービスも始める。 4Gに比べて5Gの値下げ幅を大きくすることで、5Gに対応した端末への移行を促す狙いもある。 また、ドコモは来年4月から、携帯会社を変えても同じ電話番号を使える「番号持ち運び制度」(MNP)の転出手数料3000円を無料にする。ソフトバンクも無料にする方針だ。

関連記事

カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る